トップページHome ご挨拶Greeting 教室の歴史Greeting 外来についてOutpatient 疾患についてAbout the disease スタッフ紹介Staff 卒後臨床研修Clinical training アクセスAccess お問い合わせContact
ご挨拶と理念
gr 整形外科は、運動器の外傷(ケガ)や疾患(病気)を診断し治療する診療科です。運動器とは骨、軟骨、筋肉、靱帯、神経など人体の運動を司る組織や器官のことであり、整形外科は四肢、体幹の運動器の健康を守る専門家です。整形外科の患者さんは新生児から高齢者まで全ての年齢層にわたり、先天的な疾患、成長期にみられる疾患、交通事故や労働災害による外傷、スポーツによる外傷や故障、加齢に伴う関節や脊椎の疾患、骨や軟部組織の腫瘍、関節リウマチや骨髄炎などの炎症性疾患、あるいは骨粗鬆症などの代謝性疾患など、多種多様な外傷や疾患を対象としています。さらに昨今の人口の高齢化などにより整形外科に対する社会的ニーズはますます大きくなっています。

滋賀医科大学整形外科では膝関節外科、股関節外科、肩関節外科、手の外科、脊椎・脊髄外科、腫瘍外科、リハビリテーションなどのサブグループがあります。それぞれの分野の専門家が日本のみならず世界的にもトップクラスの診療・研究を行い、保存的治療から最先端の再生医療、新生児、小児から超高齢者まで多くの患者さんの運動器の健康、整形外科医療の発展に寄与しています。

特に軟骨柱移植術は長年の研究の結果、現在、広く全国で行える治療になりましたが、松末前教授は鏡視下軟骨柱移植術を世界で初めて報告され、その経験と知識の蓄積は、トップクラスと言えます。関節の分野では、ナビゲーション手術の臨床応用、手術後になるべく良く曲がる膝を目標とした人工膝関節の生体内運動解析などより高い機能の回復を目指しています。

また肩関節の分野では、安全かつ正確な関節鏡視下手術を行うための形態診断学的研究を進めています。これまでの鏡視下肩関節手術症例数は1000例を優に超え、この分野では県下のリーダー的存在です。さらに変形性肩関節症や腱板関節症に対して、リバース人工肩関節置換術を日本で最も早く導入し、これを応用した新たな治療法の開発などを行っています。
脊椎・脊髄の分野では、高度脊椎変形や上位頸椎疾患など高度な技術を要する手術方法の開発と臨床応用、骨増殖性疾患に対する疫学調査や遺伝子調査でこれらの疾患への包括的治療方法の研究などに取り組んでいます。

腫瘍の分野では、各種画像診断を応用した骨軟部腫瘍の質的診断と化学療法効果判定、軟部悪性腫瘍における縮小手術の可能性などについて研究を進めています。また、女児の患者さんでは、治療前に鏡視下に卵巣を採取し、腫瘍の完治後に卵巣を戻すことにより妊孕性を維持できるように当院産婦人科と連携し、治療を進めています。

また、現在整形外科で用いられている様々な診断法や治療法の妥当性を検証し、最も安全で効果的な方法を確立するために、当教室の関連病院と連携した多施設での検証試験にも積極的に取り組んでいます。
滋賀医大整形外科では今後も最先端の診療を行い患者さんの運動器の健康に大きく寄与するとともに、今後の整形外科診療に貢献する臨床、基礎研究に邁進していきます。滋賀医大整形外科に少しでも興味を持たれた学部生、研修医の先生方、また当科で治療を受けたいとお考えの患者の皆さん、是非、お気軽にご相談ください。

滋賀大学医学部附属病院   整形外科科長 今井晋二