トップページHome ご挨拶Greeting 教室の歴史Greeting 外来についてOutpatient 疾患についてAbout the disease スタッフ紹介Staff 卒後臨床研修Clinical training アクセスAccess お問い合わせContact
膝関節
 変形性膝関節症やスポーツ傷害に対する加療を幅広く行っています。
 変形性膝関節症に対しては、軟骨障害の程度、痛みの程度、合併する半月板損傷の有無、膝の変形の程度を患者さんの個々の状況に応じて、クスリ、リハビリテーション、注射、装具などの治療を指示します。
 手術が必要な患者さんに対しては、年齢や活動性、障害の程度に応じて、最適の手術療法を決めさせていただきます。  比較的若くて膝がよく曲がっている人には、膝の近くで骨を矯正し自らの関節を温存して直す手術をすることにより、正座や労働、スポーツ活動もできることを目指しています。 かなり変形が強い場合は、人工膝関節手術を行いますが、術後の出血量も少なくほとんど輸血をすることなく、膝がよく曲がるように工夫しています。
 関節鏡視下の十字靭帯再建術や半月板手術では高い評価を得ており、関節鏡による最小侵襲手術には定評があり、スポーツ傷害による膝の損傷では、関節を切開せずに早く復帰できる治療を数多く行っています。
 また従来治療困難とされた関節軟骨損傷に対する治療法(軟骨移植術)では世界のパイオニア的存在で、我が国における軟骨障害の治療のリーダーとして活躍しています。