トップページHome ご挨拶Greeting 教室の歴史Greeting 外来についてOutpatient 疾患についてAbout the disease スタッフ紹介Staff 卒後臨床研修Clinical training アクセスAccess お問い合わせContact
リウマチ・関節
 リウマチ・関節外科では関節リウマチに代表される炎症性疾患、変形性関節症などの変性疾患、大腿骨頭壊死症などの保存的治療、外科的治療を行っています。特に受診する関節リウマチの患者さんの数は多く、日本リウマチ学会認定医が診療を担当しています。
 関節リウマチは、放置すると経過とともに多関節の変形、障害をきたす疾患ですが、早期に診断し、早期より積極的に抗リウマチ薬を用いた治療を行うことが、病気の進行を防ぐために重要であることが分かっています。当科では正確に診断を行い、患者さんのQOLも考え治療を行います。最近では生物学的製剤とよばれる新しい治療が日本でも行われるようになりました。これらの薬剤についても適応を慎重に検討し、副作用に注意しつつ治療を行います。また、関節リウマチは肺、腎臓、肝臓などの内臓の障害を合併することがあるため全身的な治療が必要となりますが、関連する各科と連携しながら治療を行っています。
 手術は主に関節リウマチや変形性関節症に対する股関節や膝関節の人工関節手術を行っています。人工関節手術は年間百数十例行っており、変形の強い難しい症例の経験は豊富です。また近年、世界的に過去に行った人工関節のゆるみの症例が増えていますが、高度の骨欠損のある症例に対しては同種骨移植(関節を手術した患者さんより同意を得ていただいた骨を移植する方法)を併用して再置換術を行い、良好な成績を得ています。