トップページHome ご挨拶Greeting 教室の歴史Greeting 外来についてOutpatient 疾患についてAbout the disease スタッフ紹介Staff 卒後臨床研修Clinical training アクセスAccess お問い合わせContact
関節リウマチ
 関節リウマチとは手指を中心に多関節が腫れ、放置するとしだいに関節が変形していく病気で、日本全国で約60~70万人の患者さんがいます。発症のピークは40~50歳にあり、4対1の割合で女性に多い特徴があります。免疫の病気で、その発症には遺伝、環境、感染、ホルモンなどのさまざまな要因が関係していますが、はっきりとした原因は現在のところ分かっていません。
 関節リウマチで重要なことは、早期より診断し治療を行うこと、また病状に合った適切な治療を行うことです。そしてリウマチの薬により病気の進行を抑え、寛解状態(ほぼ治った状態)にすることです。以下に関節リウマチの診断と治療について簡単に説明します。
 関節リウマチは文字どおり関節の腫れや痛みが主な症状ですが、診断は腫れている関節の数や対称性、レントゲン所見、血液検査などを総合的に判断して行います。関節の腫れは手指の中心に多発性、対称性にあることが特徴です。レントゲンでは初期には関節周囲の骨が薄くなり、進行すると骨びらんといって骨が欠けてきます。血液検査ではリウマチ反応は診断の補助にはなりますが、リウマチ反応が陽性だけではリウマチとは診断できません。CRPや赤沈値などの炎症反応も参考になります。また関節が痛む病気は他にもありますので、それらの病気を除外しなければなりません。したがって、朝に手がこわばる、関節が痛い、腫れるなどの症状があるときは、まず専門医を受診し診察を受けることが大切です。関節リウマチの初期では診断が難しいこともあるので、必要に応じて経過観察が必要となります。
 治療にはまず薬を使います。一般に関節の痛みに対しては非ステロイド抗炎症薬(鎮痛薬)が用いられます。この非ステロイド抗炎症薬には胃潰瘍などの副作用がありますが、Cox-2阻害薬と呼ばれる副作用の少ない薬が開発されています。また、炎症が強い時にはステロイド薬も必要となります。関節リウマチの治療でいちばん大切な薬は抗リウマチ薬と呼ばれる病気の進行を抑える薬です。なかでもメトトレキサートは病気の進行を抑えることが証明されています。また最近では生物学的製剤と呼ばれる治療薬も期待されています。これは体のなかの炎症のもとになる物質をブロックする点滴薬で、とても効果のある患者さんもおられます。しかし、これらの薬は効果もある一方、稀に大きな副作用がでることがあるため慎重に用いる必要があります。いたずらに副作用を怖がる必要はありませんが、どの治療薬を使うか、副作用の早期発見の注意点は、などについては医師によく説明を受ける必要があります。
 もし、病気の進行とともに関節軟骨や骨が悪くなり、日常生活に支障をきたすようになった場合は手術治療が必要となります。現在、主に行われているのは股関節や膝関節の人工関節の手術で、これにより歩行などの日常生活の動作を著しく改善することができます。人工関節には人工関節の寿命(ゆるみ)や感染などの合併症の問題がありますが、材質や手術手技などの進歩により頻度は低くなっています。また手指を伸ばす腱が切れて指が伸びなくなることがありますが、この場合には腱を再建する必要があります。これらの手術では、最も効果が期待できる手術時期があります。手術を延ばして、関節の変形が強くなってしまうと手術しても効果が得られにくいこともあり、手術時期を逸しないことが大切です。
 前述したように、関節リウマチは早期に診断し治療を開始すること、また社会的な面も含めたおのおのの患者さんの状態に合った薬物治療、手術治療を選択することが重要です。特にリウマチの治療薬はここ数年で劇的に進歩しており、病状に合った治療を行うことにより病気の進行を抑えることができるようになりました。ただし、どのような患者さんにどの薬がよいか、などは専門知識が必要であり、また副作用についても慎重に経過をみる必要があるため、リウマチ専門医を受診しよく相談してください。